厳しかった淡路島アジング・メバリング

厳しかった淡路島アジング・メバリング
釣行日 2020/5/29
釣行エリア 淡路島
釣行場所 淡路市
天気 快晴
時間帯 19時〜3時
釣果 アジ3 メバル4 ガシラ1

釣行日の基本データ

場所:淡路島西浦
釣行日:2020年5月29日19時頃~翌3:30
潮汐:小潮 満潮06:37 干潮18:04 満潮 06:05 (淡路島岩屋)
水温:18℃(釣り場情報データベースより)
風:無風~微風

前半戦アジング

日の入りのタイミングとともに現地入り。

海を見ると、潮がなく嫌な予感しかしない。

しかし、表層には小魚のライズがあり、時折フィッシュイーターに追い回されるボイルも見られる。

まずは1.2gジグヘッド+エコギア アジマスト2inch UVシルエット ブルーFlk.で表層チェックも、ライズの正体はこいつらでした。

完全に暗くなるまで、腹ごしらえをしながら海を見る。

海中にはスズメダイや小さなチヌが見られる。

まだまだ、ワカメの茎も多い。

日が落ちて本格的にアジング開始するもノーバイト。

探るレンジを変えながら、ジグヘッドを1.2g → 1g → 0.8g → 0.6g と軽くしていくが、反応なし。

同じくワームもエコギア アジマストのカラーチェンジを繰り返し、サイズも1.6inch、2inch、2.4inchと変えていく。

ようやくジグヘッド0.3g+エコギア アジマスト2inch琥珀イエロー シルバーFlk.にて1匹目。

同じパターンで2匹目追加。

表層をサスペンドしているものに反応あるのかと同じパターンが探っていくが、これ以上の反応はなく潮通しのいい場所へ少し移動。

移動先では潮が効いているが、流れ方が反対。しかし、流れないよりも流れるほうがいいので探っていくも撃沈。

ここでもリグをひたすら変えながら探っていく。

エコギア アジマスト以外にも自分の中の一軍ワームを投入していくが、全く反応なく、心が折れる。

後半戦メバリング

アジをあきらめ、メバルを釣るために車で移動。
といっても同じ港だが。。。

ジグヘッド1g+エコギア アジマスト2inch琥珀イエロー シルバーFlk.で探ると子メバルが反応してくれる。

心を折られた後だけに、遊んでくれてありがとう。

リリースして、角度を変えて再投入。

続けてメバルを追加もサイズが。。。

歩きながらキャストを繰り返すが、メバルの反応はよくない。

自分の中での一軍ワームには反応が良くないため、普段あまり使わないワームを使うと、時折、子メバルが釣れる。

時折波紋が見られることから表層に浮いているようで、ジグ単で届くところに波紋ができたタイミングで狙い撃つと・・・

小っさ・・・

てか表層なんですけど~

大きくなれよとバイバイ。

その後、こいつも表層で・・・

フロートリグで沖の表層を打つ

ジグ単で届く範囲では結果が出ないので、ロッドを持ち替えフロートリグに。

灯台の光で時折見える波紋を狙う。

すると一投目から・・・

自作フロートリグ5g + ジグヘッド0.3g エコギア パワーシラス2inch 生シラス ブラックFlk.

同じパターンで数匹追加しているとコイツも・・・

今は狙ってないんですが、嬉しい1本。

ここにもいるのね・・・

この子を最後にストップフィッシング。

数も取れず、苦行のような状況でしたが、やるだけやっての結果なので納得です。

厳しい状況で取る魚は楽しかったですよ~

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 68Ⅱ
DAIWA 月下美人 76L-T
リール:DAIWA LUVIAS 2003H
DAIWA 月下美人 MX2004H
ライン:PE0.2号
リーダー:フロロカーボン4lb・8lb

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。