癒しの数釣り小アジング & 攻略法

癒しの数釣り小アジング & 攻略法

釣行日の基本データ

場所:淡路島
釣行日:2022年11月2日 21:00~翌1:00
潮汐:下記
水温:21.6℃
天気:晴

前回の泉南アジング後に、11月の職場のスケジュールが配られ愕然…
ゆっくり海行く時間ないやん。。。
行こうと思ったら翌日に予定があろうが強行するしかない。

今日の潮は長潮前の小潮最終日。
夕方に満潮を迎えて、翌日の朝までかけてダラダラと下げ続ける。
よく言えばずっと潮が動き続ける訳なのだけど、こういう場合、大抵潮が動いていない事の方が多い。
海峡部なら動くか?
しかしこればっかりは行ってみないとわからない。
そしてこの日は祝前日。
明石海峡大橋の下なんかは人多いんだろうな。
こういう日は、サイズは狙わず、数に癒してもらいましょう。
ということで20時に仕事を終え一路淡路島へ。やってきたポイントは湾奥の常夜灯周り。

釣り開始は21時。
まだまだ潮位は高い状態。
絶対釣れるやんと思いながら、堤防の付け根をアルカジックジャパン ラウンドヘッド1g + エコギア アジマスト2.5inch クリアイエローで表層から中層にかけて順々に反応を見る。

反応ない。

あれ?

堤防の際にできる明暗の境を通しても反応ない。
思い切ってボトムまで落とすと、安定のガ。
小さいのでリリース。

ふむ。少ーし歩いて堤防に変化のある所へ。
ここでじゃれつくようなアタリ。
合わせてものらないが、1キャストに3回4回と当たってくる。
リグが合ってないね。

レベロク 漁港ヘッド0.7gにissei海太郎 スパテラ アジンググリーン 1.5inchにする。
アタリは少し減るが、それでも問題なく当たってくる。
しかしのらない。
上はじゃれつくだけか?
なら少しカウント入れて中層から少し下を引くと、

ここら辺がプランクトン溜まり、且つ表層のアタリに騙されたらアカンパターンね。
しかし、それでも一撃という訳ではなく、何回目かのアタリをでようやく掛ける。
釣れるけど何か違う。

漁港ヘッドから超オープンゲイプの34のザ豆に変更。
反応あるけどのせ難いことはあまり変わらず。
豆アジがほとんどなので、ロングワームのテールに触って来る感じ。
じゃあ。。。とエコギア メバダートやレイン チビアジアダーを投入してみるが、どっちも反応なし。
つまりテールの動きは必要な訳ね。
さらに言えば、アジマストのピンテールよりもスパテラのパドルテールの方がアタリは多い。
この答え合わせしていく感じが楽しい。

ここで、現在までの相手と自分の出した手札を確認。
相手は豆。
居ても17~18cm程度までの小アジ。
ショートワームには反応がない。
使ったジグヘッドはショートシャンクのもので、オープンゲイプタイプとノーマルタイプ。
重さは0.7g~1.0g。
抜き上げポロリが多いこともあり、吸い切れてない感じ。
ロングシャンクが良さそうね。
ショートシャンクで悶絶しながら釣るのも好きですが、癒されたいので。。。
魚のサイズからゲイプ幅も狭めにして、更に軽くしよう。
ということで、ハヤブサ あじロック0.5g + issei海太郎 スパテラ アジンググリーン1.5inchで動かさずに漂わせる釣りにするがいまいち反応がよろしくない。
釣れるけどね。
ジグヘッドがロングシャンクになったことでワームのアピール力が少し減った?
ならばと小刻みなシェイクを入れながらも巻かずに漂わせることを意識すると、

反応がなくなったら、壁際を擦るように引くと、

初めてワームでウミタナゴ釣ったわ。
今日の小アジは全て息子の干物になるので、ウミタナゴも一緒に干しちゃいます。
ウミタナゴの干物は初めて作るので、出来上がりが楽しみ。

その後はエコギア アジマストとissei海太郎を適当にローテーション(言うてもワームがアカンくなったときの交換程度)させながら、時折サバ混じりに最終サムネの写真。
並べるの面倒であんな雑な置き方ですが…
0時までの3時間だけと決めていたが、アタリがあるので止められず結局1時。
翌日も朝から予定が目白押しなので泣く泣くストップフィッシング。

アジは豆〜小アジ(マックス17cm)が35匹。アタる数だけ考えると50は釣りたかったなー
いずれにしても湾奥アミパターンがハマりましたね。
どこでもこのような潮の日はありますので、一つの選択肢としてご一考いただければと思います。

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 510
リール:SHIMANO NASCI 1000s
ライン:C’ultiva マイクロPEハイライト 0.15号
リーダー:Tict LIGHT GAME COMPACT SHOCK LEADER 1.25号

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。