2022/10/23(日)初ワウムシャッドシーバス@東京湾

2022/10/23(日)初ワウムシャッドシーバス@東京湾

はじめに

最近デイゲームで通い詰めている東京湾港湾部のポイントへこの日も行ってきました。
シーバス狙いなのでロッドとリールはシーバス仕様ですが、青物が混ざるのでラインを太めに設定しています。

○タックルデータ
・ロッド…currentes82s+(transcendence)※98ver.で使用
・リール…19CERTATE 5000(daiwa)
・ライン…Seager 完全シーバス1.5号(クレハ合繊)
・リーダー…Seager premium max 30.5lb(クレハ合繊)

○コンディション
・天気…晴れ
・風…北より1〜2m
・潮…中潮※タイドグラフは以下参照
・水温…20℃

シーバスに狙いを定めて

朝5時頃から実釣開始。
いつもの立ち位置からスタートしますが当たりすらない…
カタクチの群れが入っておりこの時間なら確実に反応は得られる自信があったので、シーバスがいないと見切り早々にランガン開始です。
1時間弱ランガンすると青物のナブラに遭遇!
しばらく追いかけましたが、いつどこで出るか分からない青物ナブラを追いかけるのに疲れたので、一旦シーバスを狙うことに。
6時20分、青物が居ないであろう方向を見ているとカモメが1匹水面近くを旋回しています。
すかさずその周辺にワウムシャッド+ジグヘッド21gをキャストし5カウントほど沈めてから巻き出すと、『ゴッ!』からの『ゴンッ!ググッ!』とヒット!
ヒット後の暴れ方でシーバスであることを確信したので慎重に寄せてきますが、手前で姿が見えてから足元にめちゃくちゃ突っ込む😳
いなしていなしてナイスファイトの末に上がってきたのは50センチ弱の綺麗な1匹でした!
この後は再び青物を追いかけましたが出会うことが出来ませんでした😢

ワウムシャッドセッティング

9月後半からワウムシャッドは使っていましたが、シーバスをキャッチできたのは初でした。
反応は得られるのですが乗らない当たりや掛けてはバラしを繰り返していました。
そんな当初のセッティングはワイヤーの先にトレブルフック1本だけ。
今回からはワイヤーの根本(ジグヘッド側)にもトレブルフックを追加しました。
このお陰かどうか分かりませんが、ハイシーズンの元気なシーバスの急な突っ込みやエラ洗いにも耐えてくれました!
ワウムシャッドのような4インチを超える大きなワームはジグヘッドのみだとそもそもフッキングしないことが多いので、このようにフックを追加した方が安心です。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。