ワウムシャッド、触ってみた、使ってみた

ワウムシャッド、触ってみた、使ってみた

モニター応募

こんにちは!jumpmanです。
8月下旬の某日、いつものようにインスタのストーリーを見ているとligdesign「ワウムシャッド」のモニター募集の広告が流れてきました。
普段ストーリーの広告は飛ばす主義なのですが、テスターだとかモニターだとか気になるお年頃なのでまずは内容を見てみることに
すると直感で「これは釣れそう!」とビビッと来たので早速応募してみました。
9月中旬にありがたいことに採用いただき、以下の通り製品を送っていただきました。

触った印象とジグヘッドリグ

さてパッケージから出して触ってみると、市販のワームの中でも柔らかい部類に入る印象。
ワームは柔らかければ柔らかいほど食わせ力は高いと思っているので期待が持てます。
また、全長4.2インチかつシャッドテールが大きめのためかなりアピール力も高そうです。
僕はシーバスがメインなのでジグヘッドで使用することにしますが、ワウムシャッドの大きさ上、針が真ん中より前方に出るのでフッキング率が心配…
そこでワイヤーでアシストフックを追加しました!
これで全バイト全ガケ間違いなし!

ウェーディングシーバスで使ってみた

初陣は9月下旬に11gのジグヘッドとの組み合わせで東京湾河川でのウェーディングで使ってみることに。
朝まずめにミノーやシンペンで表層から中層を攻めますが反応なく、ワウムシャッドに変えてボトム狙いに変更です。
その1投目、ボトムから巻き上げてテンションフォールで落とし、また巻き上げを始めると『ドンっ!』とヒット!
1回目のエラ洗いで惜しくもバラしてしまいましたが早速反応を得ることができ、今後への期待が高まりました。
(この日の詳しい釣行記は次のリンクからご覧ください!→https://jumpman-fishing.com/2022-9-24-25/
東京湾ハイシーズンにワウムシャッドでどんな魚に出会えるか、これから楽しみです!
それでは!次回の投稿をお楽しみに👋

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。