手のひらキープでバケツ容量カンスト

手のひらキープでバケツ容量カンスト

後輩くんと手のひら超えキープ予定で

同僚から川に入って来るアジが食べてみたいと依頼があり、休暇中の後輩くんから夕方に川に向かうとの連絡もあったので出撃先は河口に決定。

現着してまだ人も少なかったので、後輩くんと無事に合流。

マヅメは後輩くんにお任せで

数釣りは後輩くんがやってくれるであろうと、自分は答え合わせがてらでこの場所ではあまり良くないと見聞きしている組み合わせの、重めリグとクリア系のワームで数の検証をこっそりと

釣果の差は

マヅメのタイミングでは確かに釣果の差としては、ソリッド系のカラーの方が良さげな感じで、より目立つイメージの派手目な方が良さそうな感じ。

ただ、リグの重さに関しては周りが1g以下しか投げない状況の中でもそこまで差が出ているようには感じられず、、、

数を釣るよりも答え合わせでカラーだったり重さだったりを色々と変えていくのも楽しい。

地合いも終わり

マヅメの地合いも終了し、明日予定のある後輩くんは早めに引き上げ。

後はソロで居残りしつつ、溜まっているであろう場所で重さやらカラーやら変えながら検証しながらの拾い釣り。

合間合間でフロートも投入してみたりで、検証しながらも順調に数を稼ぐ。

22時過ぎで終了の予定が

終了予定で決めていた22時を前に、バケツ容量カンストしてしまったので、残りはサイズ関係なくリリースして時間まで過ごして遊びきるつもりが、、、

近くでバリっと言う音からバケツが破損し、水が流れ出してしまったので、そこで納竿。
流れ出た魚だけ並べてバタバタ写真撮影し、こぼれ出ない分はバケツから落ちないように車に戻り、トータルで写真の5倍くらいになる50本をキープし、リリース含めて3桁の数に遊ばせて貰いました。

さて次回は、、、

近場では産卵期に入ってしまい、例年通りだとあと1.2週間くらいは良型が接岸しなくなるので、川て遊ぶのが梅雨の風物詩みたいな感じになっている感があるものの、どこか新しい開拓や久しく足を運んでいない場所に行ってみるのも手かな?とアジを袋に詰め込みながら考えつつ、、、長くお世話になったバケツも帰りに釣具屋に寄ってキレイに洗ってから感謝を込めてサヨウナラとなりました。

劣化も進んでいたのは認識していたので、次のバケツは既に自宅に待機しているので、次回キープがある時は新しいバケツにウロコ付け出来るかな。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。