相馬港フラット&シーバスナイト(釣行日6月4日)

相馬港フラット&シーバスナイト(釣行日6月4日)

夕方の部

朝にも出船しましたが夕方も出船!
今年初、気合いのダブルヘッダー!

釣行日:6月4日 17時~21時
晴れ、やや強い風、ウネリ中

まずはマゴチポイント

仲間内の船で散々打ったもののまだマゴチが出ないいつものポイントへ。
朝も少しやりましたが濁りがキツくバイトもなかったため釣れるかどうか不安ながらもやってみなければ。

まだ日が高めの間は静か。
そして日が傾き光量が減っていくと同時にマゴチの活性が上がる時間帯に。

すると船首で遠投し底を丹念にリフトフォールさせていたK氏にガツンとアタリ!
曲がるロッド、シェイクされる竿先、これはついに!?

ついに出ましたマゴチ!しかも良型!
やっぱりK氏の腕前はスゴい。

続いてアタル!

Y氏にもヒット!
マゴチは固まるということなので自分も同じようなポイントに投げ入れる。

するとすぐにバイト、そして乗った!
メバルともクロソイとも違う小気味良い引き!
ついに俺にも!
よっしゃー!俺も始まった!始まっ………はじ、まっ…お゛ま゛え゛し゛ゃ゛ね ゛え゛ん゛た゛よ゛お゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛! !!

気を取り直して

ゲストにはお帰りいただき気を取り直して再チャレンジ。
好ポイントに居た他の船が去ったためにさっそく底へ回す。

底をしっかり取っていたというK氏の話を聞いたものの、風で流しが早くなってしまい手持ちのリグでは今一つ底を取れていない。
ではどうするか。
方向を安定させるために風上に船尾を向けていた……ならばペラを回して流しを遅くし底を取れるようにする。
自分が釣りやすいように流せるのは船頭の特権よ( ^ω^ )

そして…やっとヒット!
しっかりヘッドシェイク!今度こそは本物のマゴチ!
自分にもやっと開幕!

お次はシーバス!?

日が完全に沈み夜になり始めるとマゴチタイムは終わり。
ナイトロックに切り替えるつもりで「北端に回します」と告げたらK氏が「シーバスタイムだね!」とにっこり。
シーバスは想定外でしたがそんな顔で言われたらそうやるしかねえなー。

北端に回してはみたもののウネリが巻いて入り、船首を向けていないとベストな位置をキープできない。
自分の釣りは諦めて位置取りに専念するとY氏にシーバスがヒット!
60upのまずまずの型だ!

続いてヒット!

今度はM氏にも良型が!

船首で気合い入れてシーバス狙っていたK氏はメバルばかりで悶絶してた。

自分はボトムで

キャストは出来ないものの足元に落とせそうだったのでヘビーテキサスで探りながら操船。
するとゴン!とアタリ!
シーバスではないが中々の良い引き!
まだ出ました45くらいのクロソイ!
ソイの引きはやっぱり楽しい。

すっかりナイトは静かに

完全に夜になり月明かりも無い中、ウネリの高いなかでテトラ周りに居るのは危険なので港内を打つ。
しかし港内では魚が静か。
着き場が外海側に変わったために反応薄くメバルがぽつぽつとのみ。

外海側のテトラ沿いに入れれば無限メバルができたものの高いウネリの中では無理な状況。
時間にもなったし大人しくそこで帰港といたしました。

マゴチも始まり、シーバスも狙え、全員に良い魚が出てくれたなかなか良い釣行でした。

マゴチ、シーバス、そしてまだあるこれからの魚。
期待は膨らむばかり。

使用タックル

ロッド:SMITH ベイライナーボロンBRF76/M
リール:SHIMANO ツインパワー15 C3000
ライン:PE0.6+フロロ10lb
リグ:黒豆ヘッド14g
ワーム:BUDDYWORKS フラッグシャッド4インチ、フラッググラブ5インチ

ロッド:SMITH ベイライナーボロンBRF C69/LH
リール:SHIMANO スコーピオンMGL 150XG
ライン:フロロ14lb直結
リグ:ナツメおもり7号+オフセット#3/0
ワーム:パルスワーム6インチ

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。