難しいパターンに四苦八苦…

難しいパターンに四苦八苦…

今宵もアジングへ

今日は釣友を連れてアジングへ
人が沢山居ますが挨拶をして空いてるスペースに入れてもらいました。
(他のアングラーに声掛けしてエントリーしましょう! トラブル防止の観点から大事です)

さて、1投目…当たるが乗らない!
次も当たるが乗らない…乗らない…
レンジを表層→中層まで一通り探ります
表層では巻きのアクションでアタリが出るが中層はややカーブフォールで反応あり

実際に魚を掛けたのはフォールのアタリのみでした
釣友と攻め方を比べて気付いたのは表層リトリーブの釣り方と中層フォールの釣り方でアタリの大きさが違う事
そしてショートバイト連発の対策はリグを軽くする事
マッチした時の絶妙なフッキングは快感ですよね✨
最終的に結論として産卵に入ってて釣りづらいって事でした…

また次回への宿題が増えました

【タックルデータ】
ロッド:リアクト65(DUO)
リール:ヴァンキッシュc2000SSS(シマノ)
ライン:アンバーコードSG 0.3号(よつあみ)
ジグヘッド:ダイヤモンドヘッド0.4~0.6g(34)
ワーム:リブリブ/サーチー(ligdesign)

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。