サーチー激流リアクション釣法

サーチー激流リアクション釣法

しまなみモニター釣行

今回は4月5日中潮と言う日に釣行して
来ました。
堤防到着時丁度ド干潮
何をしても何も反応なし……
少しして潮効き出してくると
やっぱりの激流
流れ早過ぎて釣りし辛い状態に
しまなみの激流ポイントは3gのJHも瞬殺で流される様なところです
僕の入った堤防も外は激流
真横に沖堤防があって中は緩い潮流と言う景色。
沖の激流と中の潮が当たるほんの少しのヨレに絞り巻きの釣りでは口を使わせづらい
と判断して
(すぐメバルのヒットゾーンを外れてしまう為)
サーチー超ラメの1.5gワインドの釣りで
リアクションを狙いました。
と、いえど3gでも瞬殺される流れ
着水ポイントをしっかり見極めてキャスト
ワインドなら巻きの釣りより
ほんのコンマ数秒ですが
メバルが口使える範囲にルアーを留めておけます。
数投繰り返しているとほんの微かな当たり!
本当狙った通り釣れると楽しい!
ヒレピンのキレイな魚体でした
しまなみのメバルは本当良く引く!

この後中の緩い潮の方でメバリングらしい
リーブイシャンパンホタルの
1gジグ単リフト&フォールで1匹追加

潮流のあるところは
もしかしたらメバルもう大分抜けたかな?
と、思う釣行になりました。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。