シャローで根魚遊び

シャローで根魚遊び

ライトロックゲーム

堤防の基礎やちょっとした道路わきにある敷石エリア

そんな場所で手軽に遊べる魚たちと遊んできました。

使うのはメバリングに使用するタックルそのまま。

あまり投げないので少しラインは太めのPE0.5号に
フロロの2号を結ぶ。

リグはプラグ(ディープクランク等)を使っても面白いんだけど
今回はジグ単で遊んでみました(*´ω`*)

リーブイで遊ぶ

使うワームはリーブイ。ジグヘッドは2ℊを使用。

水深が1mもない場所で2ℊって重たいと思うかもしれないけど

これも少し狙いがありまして・・・

敷石エリアの根魚君たちは穴の中に潜んでいることが多いのは知っての
事だと思う。

その穴の中に落とせばくってくるけど、根がかりのリスクも高いですよね( ̄д ̄)
なので穴の外に出して食わせたいのです。

敷石をノックする

じゃあどうやって穴の外に誘いだすのかというと

ここで少し重ためのジグヘッドがいるんですww

穴の近くの敷石の上に落とすとコンって振動が来ますよね?
その場でコンっコンってするんです。

玄関をノックされると??って気になりますよね?

それで出てこなければ留守か居留守ww

次々に営業をかけていきますw

カサゴはたいてい出てきて騙されてくれるww

ダメなら敷石ズリズリ

次にあんまり反応が良くないなら

敷石の駆け上がりというか側面の傾斜をせめて行きます。

少し投げて岩肌をズリズリと引いていきます。

すると横穴からパッっと出てきて食いつきます。

リーブイを使う理由

敷石についてる根魚はたいてい甲殻類をベイトに
していることが多い気がします。

リーブイはマテリアルが堅く一見水中であまり動いていないように
見えるのですがリブが発生する水流とテールのピリピリ感が
甲殻類が出す波動に近いと勝手に思っているのですww

実際にリブリブやサーチを試してみたのですがリーブイほどHIT
しなかったのでタブンそういうことなんでしょう・・

知らんけど・・

好敵手

カサゴがメインの釣りにはなるのですが、

場所によってはソイやチビアコウ、穴ハゼ、ギンポなども
反応して釣れてきてくれます。

そんな中で最近増えてきたな~~と思っているのが

タケノコメバル(ベッコウゾイ)です。

まじで勢力を拡大しているのか、かなりの確率で

小さいのから大きいのまで食ってきます。

カサゴに比べて引きも格段に強いので個人的には

駆け引きがめちゃくちゃ楽しい。

過去には写真のようなこんなサイズ(よゆーの尺越え)もww

デイゲームでも

自分は時間の都合上ナイトゲームで
やることが多いのだけれど

デイゲームでもかなりの確率で遊んでくれます('ω')

昼間+シャローなので偏光グラスをかけているとくってくる
ところが丸見えでめちゃくちゃ楽しいゲームですww

ではでは(^_-)-☆

~~タックルデーター~~
ロッド:INX.label. ビーテスラーBT74L
リール:12ルビアス2004H
ライン:PE0.5号+フロロ2号

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。