和歌山南紀アジング第10弾 アジが少なくなってきた

和歌山南紀アジング第10弾 アジが少なくなってきた

苦戦する日々

先日の雨で溜まっていたベイトが一晩でいなくなり、同時にアジの気配もなくなりました。
溜まっていたシラス、稚鮎にかわり3センチ程の小サバが湧いていましたが、どうやらアジは小サバの群れには着いていないようでなかなか釣れない日も出てきました。

釣行データ

釣行日 3月29日
中潮(満潮16時04分 干潮22時40分)
月輝面 11.5%
釣行時間 21時〜23時
風 北西微風

タックルデータ

アジングロッド5.3フィート
リール シマノ2000番
ライン エステル0.3号
リーダー フロロ0.8号
ジグヘッド 0.3g
ワーム リグデザイン サーチー 、リーブイ アミグロー

この日は、ようやくアジの居場所を見つけることができました。
中層から底付近でプランクトンを捕食している感じでした、小サバも湧いていましたがアジの腹からは小サバは1匹もでてこなかった事からやはり捕食していないようです。

ポツリポツリと

サーチー、リーブイ 共にカラーはアミグロー。
ポツリポツリと釣り上げなんとかアジの顔を見る事ができました。
パターンが変わったことはわかったのでまた、リベンジですね。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。