久しぶりの投稿

久しぶりの投稿

釣行日の基本データ

場所:淡路島
釣行日:2022年3月7日 18:00~22:00
潮汐:上記(1時間ほどのズレがあります)
水温:9℃
天気:晴れ
気温:6.9℃→5.5℃
風: 無風~5m

イカナゴ喰ってるやつ狙いに久しぶりの淡路島です。
淡路島というよりも釣り自体が久しぶり…
年明け早々にも淡路島に来たのですが、その時は餌仕掛けでニョロニョロしたやつを釣りに来たので、ルアログには書けない内容でした。
去年の今頃は躍起になってメバルを追いかけていたのですが…

まだ明るいうちにポイントイン。
釣れないのはわかっているので海を見ながら散歩中のおじいちゃんとおしゃべり。
最近は釣れないのでほとんど釣り人は来ていないそう。
海に栄養がなく、ワカメの葉は薄いし、藻が少ないから魚が育たないしとここ数年の海のことを教えてくれました。
それでもここで釣れた魚は美味しいよと海を大事にされてるのが印象的でした。

今日も美味しい魚、いただいて行きます!

この日のこのエリアの潮は、マズメのプライムタイムがド干潮の底。
純粋にメバルだけを狙うならまず外すポイントなのですが、メバルやりながらニョロニョロも釣りたいのでここを選びました。

マズメはテトラ際をメタルジグやシンペンで探りますが反応なし。
潮の状況から仕方ない。
かなり暗くなった頃、ようやく潮が動き出す。
潮当たりのいいところを集中的に打ちますがやはり反応なし。
ワームに変更。
信頼しまくっているジャッカル ペケリング2inch プリズムライム + ジグヘッド1g。
どこのジグへッドか忘れましたが、オープンゲイプの細軸です。
潮の当たるところや流れに変化のあるところをトップからボトムまで丁寧に探りながら歩きます。
すると小さなライズを発見。
すかさず投げ込むと

19cm 皮一枚。
この子を含めて5投連続。 

マックスは22cmと大きくはないが今年の初メバル、純粋にうれしい。
しかしこの一瞬のみで反応がなくなる。
ワームカラーをオキアミネオンに変更するが反応なし。
浮いていたこともあり、3gのフロートをつけて、広めに探るが、やはり反応はない。

考えられることとして、スレたか、ベイトと移動したか。
スレただけならまだチャンスはあるが、移動されたらキツイ。
ライズしていた場所が一か所のみで、そのライズもなくなっていることから後者である可能性が高い。 

イチから探し直すしかない状況で風が出てくる。
それでも釣れなくなった以上、仕方ないのでもう一度潮の当たるところを丁寧に探り歩く。
2時間探り歩いて反応なし。
納竿としました。

写真にはないですがニョロニョロは2本だけ。
二兎を追う者…とありますが、その通りの結果になってしまいました。
餌仕掛けが1本投げ込まれているだけで、足が重くなってしまい、ライトゲームの機動性を発揮できませんでした。
次行く時は、どっちかに絞ろうと思います。

帰って胃袋チェック。
どの個体にもイカナゴは入っていませんでした。
代わりにどの個体にもハクが入っており、喉にハクが引っ掛かったままの個体もいました。
このことから、あのライズの正体はハクを狙ってのライズだったようです。
ということは、ベイトと一緒に移動したという推測的中ですね。
ちなみにどの個体も肉の厚みこそ出てきているものの、脂の乗りはまだまだです。
アフタースポーンから回復しきってはいないようでした。

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 68Ⅱ
リール:DAIWA 月下美人 MX2004H
ライン:DUEL アーマードF 0.3号(5Lbs)
リーダー:Tict LIGHT GAME COMPACT SHOCK LEADER 1.25号

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。