【東京湾奥】初心者なりのシーバス

【東京湾奥】初心者なりのシーバス

まずはご挨拶

アングラーの皆さま初めまして
ゲッティと申します。

主に東京湾奥の港湾部や運河でショアシーバスをしております。

ルアーフィッシングを始めて2年
シーバスを初めて1年のまだまだ皆さまに比べればひよっこもひよっこですが、
初心者なりのシーバスフィッシングについて釣行記やインプレ、考察など様々な記事を発信していけたらと思います。

現在東京に住んでいるため自粛中の身になるので今回は過去に釣り上げた魚の記録を記事にします。

【東京湾奥】自分史上最大の魚

ショアでのルアーシーバスを初めて約半年が過ぎた頃、自分史上最大の魚と出会えました。

去年10月の終わり頃の港湾部
湾奥の港湾部に太刀魚が大量に連れ出す少し前の釣行でした。

この頃に発生した2つの大型台風の影響で当時の海はミルクティーのようにどちゃ濁り

ゴミも普段より多く台風の影響が残るなかの釣行でした。

僕自身、台風後の釣行は初めてで魚の活性は下がっていると思って行ったのですが、、

何やら水面がざわついている。。
風も強く波も普段より高かったがあのざわつきは明らかにシーバスのライズ

ライズ的にも湾奥シーバスのアベレージ40.50cmより遥かに大きい

慌ててポイントを決め、大型のルアーに絞り、ごっつぁんミノー125Fをキャスト

時間は深夜4時
メソッド通りなら早巻きはしないがここは勝負で早巻き

食わない。。

ルアーをダートさせるも食わない

しかし活性は抜群

ルアーの通るレンジが深いと思い、
コモモ SF110に変更

1投目で反応あり
明らかなバイト

が少し遠い

さらに遠投目指してキャスト
早巻きするとヌンっ重くなる

きた

デカイ魚とのファイトを覚悟していたが足元まであまり抵抗なくスルスル寄ってくる

一瞬ゴミかとも思った直後ミルクティーのような海の水面にすら光る魚体

デカイ

足元までは寄ってきたのでネットを片手に準備

直後魚は潜り出し、少々苦戦

なんとかネットに入りランディング

ふっとい。。

周りのアングラーも寄ってきて
サイズ計測

78cm

ランカーサイズ届かず。。

いやしかし、周りのアングラーは、
「湾奥の港湾部でしかも岸からこのサイズは早々でないよ。良かったじゃん」

と優しい言葉をかけていただいた。

確かに湾奥でこのサイズは勉強で漁ったYouTubeでも荒川などの河川や干潟エリアの動画にはよく見るが、
港湾部や運河の動画ではなかなか見たことない。

現在でもこの魚が自分史上最大の魚となった。

やはり台風が影響か

後日よく行く大手釣具屋に行き、
店員さんとルアーのことについて聞いてる時に、
「最近魚釣れますか?」
と聞かれたのでこの魚を説明すると

「この間の大型台風の影響で荒川などの河川部は水が酸欠状態であまり釣れなかったらしいですよ。恐らくその魚が港湾部に降りてきていたんでしょうね」

とのこと
やはり台風の影響は大きかったようだ。

ともあれ始めて半年でこのサイズに出会えたことに感謝

当時のタックル

ロッド:エクスセンスジェノス 87L+
リール:19ストラディックC3000XG
ライン:ピットブル8 1号
リーダー:ナイロン20ポンド
ルアー:コモモ SF110

報告する

コメント

  1. デカい‼︎おめでとうございます★

コメントするためには、 ログイン してください。