#25 ボトムを流してアカメバル連発

#25 ボトムを流してアカメバル連発

どうも、リグデザインアンバサダーのゲーハー・ピカールです。

久しぶりに夕方から時間が出来たので、夕マヅメにメバル狙いでライトゲームをして参りました。

場所は年末に一度行った激流ポイント。無数のメバルが浮いているのを発見した有力な場所。

到着した時には既に陽は落ちており、人もなかなか多い。

一瞬躊躇してしまったが、空いているところで釣り開始。

潮回り的にはイマイチな日だったが、左から右へと良い具合に流れている。

潮上へキャストし、表層付近をリトリーブで探るもアタリなし。

今度はカウント10ほど沈めてからの潮の流れを感じながら中層~ボトム付近を流す。

巻くのはラインスラッグ回収時のみ。

いいかんじの潮のヨレに差し掛かったあたりで、グンッ!

イエス!アカメバル!

サイズは20センチほどだが、狙って釣れた感があり、嬉しい。

ワームはリグデザイン・リーブイ(チャートイエロー)。いつものやつでっせ。

同じ釣り方で連発。

ホームのポイントでこの釣り方をすると、カサゴが多すぎてメバルを釣るのは難しいため、ボトム付近でのメバル釣りは何だか新鮮。

しばらくこのポイントに通いこんでみようかと思います。

【エリア】
神明エリア

【タックル】
Rod :Blue Current 74Ⅱ /Yamaga Blanks
Reel :20Lubias FC LT 2000S /Daiwa
Line :PE #0.3
Reader :Fuluoro 6lb

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。