アジング釣行

アジング釣行

アジ調査

なかなかアジのサイズが上がってこないので、今日は昼からいろんな場所を見て回りました。🚗

大分県では例年この時期になるとキビナゴが接岸しその群れにデカアジが狂うというパターンがあるのですが、今年はまだキビナゴ発生情報が無かったため、捜索をしていました。

自宅から50kmくらい離れた場所から海岸線を見て回りました。

本命の一つ目の半島を一周したけど、どこにもキビナゴの気配はなく通過〜

二つ目の半島に入るがなかなか見つからない。
そろそろ夕まづになるため、しょうがなく二つ目の半島のとある漁港でショアジギを始めました。丁度知り合いから青物がこの付近で今日釣れたと報告📱あったのでちょっと期待しながら…笑

投げ始めると数匹の海鳥が同じ場所を飛び回っているのを発見🕊
あの辺ベイトいるんだろうな〜と思いながらチラチラ見てると、なんとナブラが湧き出してました。
これは青物や!っと急いで移動🤣笑

射程圏内の為とりあえずジグを投げる🎣
ベイトは小さめのキビナゴで水面を逃げ回っていました。
至るところでボイルがあるけどジグを通しても特に反応なし…

徐々にボイルが岸に近づいて来ている…
「アジだ!しかもデカイ!」
急いで車に戻りアジングロッドを出すとすぐに当たりが!

上がってきたのは分厚い良型のアジ

ベイトが小さめのキビナゴだったのは確認出来ていたので、リブリブのケイムラクリアを使用し、水面付近に止めているとベイトに狂ったアジたちが我先にと食ってくる!

しばらく入れ食い状態が続き久しぶりの良型アジの引きを楽しみました。

リブリブはボディ全体に深めのリブがあるため水噛みが良いので一定の場所に留める事が楽ちんでした!

水面直下に留めるだけでボディが水流によって微妙にうねるので良いアピールになってるみたいでした!

暗くなるまでにジップロックが満タンになってしまったので終了。
26〜28cmくらいまでのよく太ったアジが釣れました!
尺は出なかったけどかなり分厚いアジだったので尺クラスの強い引きが味わえたので今回は大満足の調査釣行となりました!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。