10月初めの東京湾奥ナイトシーバス

10月初めの東京湾奥ナイトシーバス

ポイント① 運河筋とオープンエリアの境目

どうも、僕です。
先日、大潮周りの夜中の干潮時合を狙って、運河・オープンエリアが地続きになるエリアで釣りをしてきました。

釣り場につくと、なにかのベイトはいる様子が見えるけれども、ぽつぽつと散っている様子で、
シーバスはついていなさそうな感じ。たまに小さいボイルが出ていましたが、シーバスじゃなさそうな小ささ…
何投かしてどんどんランガンすることに。
初めにエントリーしたポイントから、運河筋の方に歩いてくると、明暗沿いにイナッコのようなベイトボールの引波が出ているのを確認。以前巨大アカカマスを掛けた実績もあり、最初のポイントはここに決めました。
もう秋に入ってきたこともあり、すでに東京湾の水もクリアになってきていて、小さいもののシーバスやキビレの姿を確認できたので、干潮の間にかなり絞れる橋脚とゴロタの間の水路を集中して打ってみることにしました。
トップからツライチ、表層中層とレンジを下げてもなかなか食わず。

こうなったら小さめの鉄板でリアクションの釣り!
足元のゴロタ際のブレイクラインを引いてみるとヒット!
ルアーは邪道の玲音14gチャートパール。やっぱりこのルアーよく釣れますね。前のアイを使ってました。

よく下に突っ込む引き味からクロダイかキビレかと思いましたが、元気なシーバス。
この日もタモなんて持ってきていないのでゴロタの上に抜き上げ。
サイズは小さいけど一番走る楽しいサイズの一本。
マッチョで小顔なシーバスでかっこいい!

メインの写真と同じ個体で45cm。
ヒレピンでかっこいいなぁ、ほんと。サイズの割には体高もあっていい魚ですね。
小さめなので手早く写真を取って早めにリリース。
蘇生も少しだけで即復活して、元気に泳いでいきました。ありがとね。

ポイント② オープンエリア

先の一本を出したあと、そのゴロタ沿いで少しやってみましたが出ず。
ポイントを移動することにしました。
このポイントは、上に通る橋を渡ると実績のあるオープンエリアに出ます。
対岸の岸壁沿いの様子を見ながら歩いていると、やたら泳ぐのが速い20cm前後の魚が…

サバじゃん…

この日は、マサバの群れがめちゃめちゃに回っていたようで、電気ウキにイソメを付けて釣りをしてたお兄さんは、ほぼイレグイでマサバを上げてました。サバはよく引くので釣り物として結構楽しいんですよね。

というわけで、サバも釣れたらいいなという下心もあり、ここではコアマンのレジェンドルアーIP18レアメタルのゴールデンギーゴを選択。
表層を早巻きしているとゴンゴン当たってくる笑
当たるのは全部サバなんだろうなぁと想像しながら、上に出てチェイスしている何かの先に遠投して早巻きするとヒット!
今度はしっかりエラ洗いしてるのでシーバスだと確信。
またもや元気な一本で楽しいファイトでした。
このポイントは足場が少し高めなので、抜き上げると結構バラすのですが、なんとか抜き上げてキャッチ。
抜き上げと同時にルアーが外れたのでちょっとヒヤッとしました笑
サイズは46cm。
鉄板は口から外れて目にかかっていたようで、左目が傷ものになってしまっていました…
リリース時には元気に泳いで帰っていきました。
このあと目を悪くしないといいんですが…申し訳ない…

この日はこの2本で納竿。
色々試したんですが、鉄板にしか反応せず。
もう少し魚掛けたいルアーあったんですが、うまくいきませんでした。無念。

小さいながら2本とれたので、自分では満足の1日でした。

釣れた2本とも割ときれいな個体だったんですが、上げの時合だったので回遊個体だったんでしょうか?
疑問はつきませんね。

では!

タックルデータ

ROD:APIA FoojinAD HIGH ROLLER104ML
REEL:SHIMANO VANQUISH 4000XG
LINE:SHIMANO PITBULL8+ 1.2号 200m
LEADER:VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER premium FULUORO CARBON 6号 22lb
LURE: 邪道 玲音14g チャートパール
    コアマン IP-18 Raremetal ゴールデンギーゴ

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。