8月末9月の東京湾奥ナイトシーバス

8月末9月の東京湾奥ナイトシーバス

8月末のナイトシーバス

お久しぶりです。こやびんです。
最近は忙しく更新がなかなか釣りにも行けず(泣)
更新が遅くなりました。

さて、8月末の釣果です。
写真の魚は、中潮干潮付近の時間帯に近所の小規模河川で取った一本。
上で当たらなかったのでボトム付近をBlueBlueナレージ65マットチャートでリフト&フォール。
若干弾き気味でジャークとリフト&フォールのミックスみたいにするのが最近のお気に入り。
沖に投げて、手前の根までアクションさせて、根付近をただ巻きしてたら食いました。
回収直前だったので、ピックアップバイトだったのかな?

細かったけど元気な魚でした。

9月のナイトシーバス

9月は秋のシーズンに入ってきたこともあり、ルアーボックスの入れ替えからはじめました。
もとは80mm前後のルアーが多かったですが、125mm~140mm程のミノーを中心に構成しました。
最近のお気に入りはガルバ87s, ガルバストロング120s, sasuke裂波120, ゼッパー140, ジョルティ22です。

9月は近所の河川から少し移動して、もう少し海側の潮通しの良いオープンエリア横の運河エリアに通ってました。
というのも、近所の河川はあまりイナッコやなんかが不在だったため、海側に出てベイトを探そうという魂胆ですね。
これが正解で、6時間粘り散らかしましたが、なんとか一本取ることができました。
この記事のメイン写真はこの時の魚。
イナッコを食べてる魚でした。潮は小潮から若潮の夜から朝方にかけて下げのタイミング。
橋脚の明暗を上流側にエントリーして、明暗にジョルティをドリフトINさせて食った一本。
この日はイナッコがそれこそ絨毯状に明暗に並んでおり、魚もそれをボコボコ食べに行っている状況でしたが、
フローティングミノーやトップ系には出きらず。渋い1日でした。
最後にジョルティ投げて帰ろうと思い、ジョルティ22をベイト絨毯の下に通すイメージで、
ボイルのよく出るポイントを通すとヒット。
がっぽり丸呑みでした。
サイズは62でしたが、ある程度太った良型。
パワフルな魚で秋の入りを感じることができて非常に楽しかったです。

丸呑みだったので、針を外すのに時間がかかりかなり弱らせてしまったこともあり、
ゆっくり時間をかけて蘇生。元気に泳いで帰っていきました。

9月の釣行はこの日でほとんど終わり。
あとはベイト調査をメインにチャリンコで東京湾奥を巡っていました。
まだまだ秋のシーズンにはなっていない様子ですが、これから10月の釣りが楽しみですね。

それでは!

タックルデータ

ROD : SHIMANO ENCOUNTER86ML
REEL: SHIMANO 19STRADIC C3000XG
LINE: 'TORAY' SUPERSTRONG PEx8 200m
LEADER:'TORAY' SMOOTH ROCK+ 3.5号 16lb

LURE: BlueBlue Narage65 マットチャート
BlueBlue Jolty22 ストームライダー

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。