良型アジまであと少し?

良型アジまであと少し?

そろそろデカ鯵が接岸して来る時期ということで…

アジ調査に行ってきました!
今回は毎年9月頃より安定してそこそこサイズのアジが釣れ始める、とある漁港へ。

ここは長い波止が外海へ伸びており常夜灯がある釣りやすい場所です。漁港のすぐ側に大きな流れも当たっており、時期になると尺越えも期待出来る好ポイント!

まだ少し早い時期だった為先行者なく貸し切りでした。長い波止を先端まで歩いて行き1番の有力ポイントにエントリー。

常夜灯周りには大量のフグが陣取っておりワームボロボロにされる事必至🤣
でも大丈夫、狙うのは常夜灯の光の外側なのだ。
ここではほぼ毎回同じパターンで食ってくる。1.3g〜1.8gの重めのジグヘッドを使い遠投。常夜灯の光の外まで飛ばしてシェイキングで割と早巻きをする。明暗の境目まで来たところでヒットというのがこの場所のパターン。

満潮潮止まりから30分経った頃
とりあえず見た感じはアジの気配は特に感じない。笑
まぁ、そのうち回って来るでしょ!と釣りスタート

20分ほど探ってみたけど異常なし!
その後徐々に流れが出てきた頃に最初の当たりがコンっと

20cmくらいのアジでした!

サイズはともかく当たり的には活性が高そうな良い当たりでこれからに期待出来る感じ

丸呑みでした👍

当たりがいい感じで続き、潮の流れも良くなってきた頃にいい引きの当たりが

釣れたのは27cmの良型

例年のパターン通り表層で良型が連発しています。
恐らくライトに集まってきているベイトを食べているのだと思います。フォールでも釣れないことはないけど、当たりの数が圧倒的に違う

明暗部の境目だけを狙うので手返しも良く助かります。

結局20〜24cmが多数、最大27cmまでのアジがジップロックいっぱいになるまで釣れ続き満足の結果になりました!

今回使用のワーム
リグデザイン リブリブ(赤ラメ)
       リーブイ(クリア)でした!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。