一発狙いと豆アジング

一発狙いと豆アジング

釣行日の基本データ

場所:淡路島北淡エリア
釣行日:2021年9月7日 19:00~3:00
潮汐:上記
水温:27.0℃
天気:曇り時々雨
気温:25.6℃→24.0℃
風: 2.1m~9.8m(洲本)

先日の淡路島での釣行で、まずまずサイズを仕留められたのですが、あの27cmはアベレージサイズなのか、それとも24~5cmがアベレージの中での27cmなのかを調べるべく、
再度行ってきました。

27cm辺りまでがアベレージなら、あわよくば尺アジも飛び出すんじゃないかと期待で胸が膨らみます。
モチベーションを上げるためにラインも巻き替えました。

結論から言うと、打ち砕かれたんですけどね。

天気予報では夜半から雨。21時頃からは南東風も強くなる予報です。
風が強くなる頃には上げ止まりに向けてダラダラとした潮になり、釣行に大きな障害とはならないだろうと予想します。

さらに、前回は小潮の釣行で、来てほしい潮が近づいてきてくれませんでした。
今回の釣行は大潮なので、前回届かなかった潮が入ってくるかもしれないとの期待もあります。

仕事を終え一路淡路島へ。
18時半頃、明石海峡大橋を通過。
爆風やん・・・。
風で車体が持って行かれる。。。

まぁ、明石海峡はかなり高い位置にありますからね。
風も吹き抜けるでしょうし・・・

爆風

釣りになりません。
3gのジグヘッドもラインスラックを取る間に足元まで来ています。
タイミングを計ってキャストしないと、3gでも前にキャストできません。
たまに立っているだけでも煽られるくらいの風も吹いています。
港なので、大したことはないですが、外洋はウサギが飛び跳ねています。

そして期待の潮は大きすぎ激流。
風と潮で何やっているのかわからず。。。
こんな日、釣りするもんやあらへんで・・・

釣りにならないので後ろに壁がある常夜灯周りに避難。
小サバが1匹遊んでくれました。。。

車で場所移動。
同じ港ですが、少しでも風の影響が受けないポイントに行きます。
なんとか釣りができるのでキャストを繰り返しますが、魚からのコンタクトはありません。

な~~~んの反応もないので少し風がマシになったタイミングで、小サバが遊んでくれたポイントに戻ります。
ここでは、

今日は小サバと豆アジ釣って帰ろう・・・と諦めの気持ちがよぎります。

しかし!
まさかここで風が弱くなる。
これなら狙える!!

移動
最初の爆風にやられたポイントに帰ってきました。
これならいつものアルカジックジャパン ラウンドヘッド 1g + アジマスト2inch スパークルオレンジ でもできる。
キャストすると1投目から反応。
アワセも決まって・・・軽い。

ありがとう。でも君じゃないんよ。
キープするけど。

どうにも豆アジの活性が異様に高い。
レンジを下げて狙うも、カウントダウン中にもコンコン当たってくる。
アワセないようにアワセないようにしながらレンジを刻むも、体が反射的にアワセてしまう。
そして豆が釣れる。。。

表層ではひったくるようなアタリで、

この日は、全層に豆が群れていたようで、レンジを下げても豆しか当たりませんでした。
潮が大きくなって群れが入れ替わってしまったのか?
いや、霧海が下手くそなだけです。
精進します。

そんなこんなで一発狙いのポイントでも豆アジと小サバしか釣れませんでした。
ちなみに今日は、ナチュラル系のカラーよりもチャート系のアピールカラーの方が明らかにアタリの数は多かったです。
グローとまでなるとあまりよくはなかったですけど。

また風が強くなってきたので港を変えます。

対豆アジ兵器

常夜灯が煌々とある港へやってきました。
ここで豆アジと小サバを探します。

もうここでは、最初から豆しか狙いません。
ってか、豆しか釣れていないので、もう少し豆を追加したいところです。

ここでは、TWO by TWO 豆アジヘッド 0.7g + 月下美人 ビームスティックZERO1.8inchを使用。
この組み合わせ最強すぎ。
issei海太郎のスパテラ1.5inchやエコギア アジマスト1.6inchよりも、長さはあるがマテリアルが非常に柔らかく容易に折れ曲がるので、フッキングに至る確率が高い。
さらにワームのズレも少なく、もちも格段にいい。
10cm程度の豆でもしっかりと掛かります。

当分、豆アジ狙いではこのセッティングになりそうです。

本日の釣果は最初の港で豆アジ14 小サバ4
二つ目の港で豆アジ11 小サバ1
トータルで豆アジ25 小サバ5でした。
ええサイズ狙いに行ったとは思えない結果となりましたとさ。

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 510
リール:SHIMANO NASCI 1000s
ライン:C'ultiva マイクロPEハイライト 0.15号
リーダー:Tict LIGHT GAME COMPACT SHOCK LEADER 1.25号 

豆アジは南蛮漬けに変身しました。
当分、一品には困らなそうです。

小サバはまた燻製になってもらおう。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。