季節外れのメバリング

季節外れのメバリング

私の住んでる大分県でもコロナウイルスが再び猛威を奮っていますが、先日の夜中に誰も居ない磯へアジメバルを狙いに行って来ました!

潮が効いてて常に流れている比較的水温の低いであろう磯を選び釣り開始
割と流れる場所だったのでジグヘッド2gにリーブイ(ミズイロホタル)でスタート

開始直後から当たりはあるのだがフッキングが出来ずにいた
(豆アジ特有のブルブルする当たり)笑

とりあえず正体を確認するためにジグヘッドを0.6まで落とし流れに乗せてやるとすぐにヒット

結果やはり豆アジでした笑
しかも6cmくらいの極豆
しばらく苦労しながら悶絶極豆アジングを楽しませてもらいました。

さてさて今回は久しぶりにメバルの顔を見に来たのだった。ジグヘッドを2gに戻し、メバルの付いてそうな場所をチェックしていく。
藻の側を通していると最初のメバルがヒット。が、サイズが小さい…
しばらく探ってみるがなかなかサイズも数も出ず

時期も時期だし大きいヤツは深場に落ちているのだろうか?
ジグヘッドをタングステンの3gに変更し沖のシモリ周りを丁寧かつしつこく探っていくとガツンと暴力的ないい当たりが!

PEは巻き替えたばかりの0.3号
リーダーは尺狙いでいつも使ってる8lb

装備は万全。ゴリ巻きで一気に取り込みまで持っていった。(久しぶりの良型だったのでもっと引きを楽しめば良かった笑)

上がってきたのは27cmの黒メバル。いわゆるブルーバックというやつ
写真ではわかりづらいけど背中がかなり青い綺麗なヤツでした。
時期外れだったけど意外と良い型のメバルが残ってるもんですねー

ちなみにリーブイのミズイロホタルを使用しましたが今回は発光させない方がアジもメバルも反応が良かったようです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。