7月最後の東京湾奥デイシーバス

7月最後の東京湾奥デイシーバス

夏の湾奥デイシーバス

最近ようやく日中暑くなり始めて、やっと夏到来!と思ったら7月末で驚いています。
こんにちは、僕です。

先日、久しぶりにまとまった時間がとれたので、東京湾奥の運河にデイシーバスに出かけました。
とはいえ、この日の最高気温は32度だったので朝からは行く気にならず…
結局14:30頃にポイントに入りました。
この日はゆったり釣りをするつもりだったので、潮汐表は特に確認せずに出かけたのですが、
後から見てみると、なんとも丁度いい時間帯ですね笑

入ったのは水門周りの小場所。
この日の水は、赤潮がガッツリ入っており、4~5m程度のやや強い風が吹いていた影響か、
ゴミや40弱ぐらいのクロダイがポツポツ浮いているような状況でした。
(これはどこも変わらず。ポイントを移動してもクロダイがぷかぷかしていました。なんの影響でしょうか?)

風がそこそこ吹いていたので、トップのルアーはとりあえずお預け。
潮が濁っていることから、魚が浮いていると考え、先発は邪道の玲音14g。
上のレンジからボトムまで、ストラクチャー際や足元にかけてじっくりただ巻きで探るもノーバイト。
すると、15時ごろからイナッコの群れが入ってきて、それにバイトしている魚を確認。
ド派手なボイルやライズではなく、時折ベイトボール下でバシャバシャしている感じ。
イナッコボイルの食わせ方を知らない僕は、イナッコといえば!のイメージのセットアッパー97Sや、
スローに引けるバイブレーションのBlueBlueナレージ65を投げるも不発…

ここで、目に見えるベイトは無視して、その更に下にいる別のシーバスを狙うことに。
ルアーはBlueBlueのナレージ65で、中層からボトムまでのレンジに絞ります。
先程、鉄板でただ巻きしてダメだったので、縦の釣りに切り替え。
30mほど投げたところから、3回ほどボトムを取りながらリフト&フォール。
すると最後ボトムを取るときに足元でヒット!!

ジジジジジジジジジーーーー!!

ドラグ調整するの忘れてました笑
少しだけ締めて、足元についた貝殻にラインをすられないように浮かせて、
タモを使って丁寧にランディングしました。
普段からよく使うナレージですが、65で魚をかけたのは初めてだったので、
絶対バラさない気持ちを強く持ってのランディングでした。
願いは通じる!

上げてみると、見事に真っ黒なかっこいい居着きのシーバス!
久しぶりのお魚だったので震えました。
なんだかんだ、ここまで黒いシーバスをかけるのは初めてだったので、
これぞ東京のシーバス!!って感じがして、とても嬉しかったです。

物理メジャーを忘れていたので、ハピソンのスマホメジャーを利用することに。
サイズは51.7cm。以前同じポイントに入ったときはセイゴばかりだったので、
このポイントにしてはいいサイズかな?
細マッチョでかっこいい魚でした。
丁寧にタモで蘇生してリリース。また大きくなった姿を見せてくれると嬉しいですね。
余談ですが、このハピソンのフィッシュグリップ、小さくて軽いのにバネが強くて使いやすいです。
お気に入り!

その後は、イナッコが見えなくなり、魚の反応もなくなったことから、いくつかポイントを移動してみましたが、
ポイント選びが悪かったらしく、ノーバイト。
入ってみたかったポイントにも行けたからオッケーかな?

そんなこんなで日没の時間。お腹も空いてきたので、これにて納竿。
また今週の木曜日に色々回って見ようかな。

それでは!

タックルデータ

Rod : Shimano Encounter86ML
Reel: Shimano 19Stradic C3000XG
Line: 東レ スーパーストロングPE x8 0.8号 200m
Leader: morethan Leader X'treme TYPE N 16lb
Lure: BlueBlue ナレージ65 マットチャート

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。