桜満開の神明間でメバリング

桜満開の神明間でメバリング

釣行日の基本データ

場所:神明エリア
釣行日:2021年4月2日 18:30~1:30
潮汐:上記(明石)
水温:12℃
天気:晴れ
気温:15.5℃→16.1℃
風: 0.4m~6.5m

気候がいい中、なかなか釣りに行けず、悶々とした日々を過ごしていましたが、ようやく行けることになったので、神明エリアに出撃です。

日々妄想の中で今日行くならと考えており、常に行先を何か所か候補に挙げています。

本日は、3か所ほど候補を挙げていましたが、今日の潮なら淡路島に渡らなくても、明石エリアで楽しめるだろうと考えていました。
ネットではここ最近厳しい日が何日か続いているとの書き込みもありましたが、イケルイケルと安直に考えた結果、返り討ちに遭ってきました。

ド干潮からスタート

現地到着はこれからマズメのタイミング。
しかし、潮は底なので、マズメで出ればラッキー程度。

防波堤を歩いてポイントへ。

道中釣りを終えたおじいちゃんに挨拶。
カレイ狙いで来たそうですが、さっぱりだったとのこと。

入りたいポイントのところにも投げ釣りの方がいらっしゃり挨拶すると、全くダメやったがアナゴ狙いに変えてもう少し頑張るんやと。

その方の裏側の場所に入れてもらい、ゆっくり準備。

干潮なので足元から3mほど先まで海面をワカメがビッシリ覆っています。
ジグ単での攻略は、潮が上げるまでは無理。
フロートリグかキャロまたはプラグという選択になってきます。

フロートリグ大好きマンとしては、選択肢は一択。迷わずフロートリグを組んでいきます。

5g自作誘導式フロート + ヤリエ アジメバアーミー 0.2g + ジャッカル ペケリング オキアミネオンを緩く流れる潮の中に漂わせます。

反応がないので、防波堤の先端の方に向かってキャストしながらゆっくり移動していきます。

反応がないのはわかっていてやっているので、それほど精神ダメージはありません。

精神ダメージはこれから受けるのです。

沖のボトムは砂地なので、手前のストラクチャー周りのボトムに付いているのだろうが、前述のとおりウィードが邪魔で攻められないししゃーない。

そう思いながら、ウィードの切れ目から飛び出す個体を狙っていると、小っっっっっさいアタリに体が反応して、

開始から30分探って出てくれた20cmのぷりぷり個体。

同じパターンで出る子を探しながら、防波堤の先端手前に到着。

ちょうど先行していた方が、帰られるようなので挨拶。
相当ウィードに苦しめられたようで、ここでの釣り方が解らないと。
潮が上げるまでは苦しいですよね~。

ポイントに入ると、潮がぶっ飛んでいく。
流芯に投げ込んで、潮上から流しても、10秒20秒程度で回収の流れ。

これはフロートの先のジグヘッドを重くしても無理なヤツ。
早々に見切りを付けます。

来た道を戻りながら、一か所ウィードが大きく切れている所を発見。

TWO by TWO スライドヘッド 1g + レイン アジアダー 夕暮れピンクを通すと、コッと極小反応。

瞬間合わせるがスカ。。。

同じラインをもう一度通すと、コッ → 合わせ → スカ。。。

なんやねん><

少しだけラインを変えてトレース

コッと反応。少し溜めて合わせ → フッキングした瞬間外れる。。。

マジ下手くそ。自己嫌悪に陥るわ~。
数少ないアタリを3回連続で乗せられんなんて。。。
そこから反応なし。
精神ダメージ大。

先ほど釣った場所まで戻ってきたので、フロートリグに変更。

すぐにコッと極小の反応あり合わせるが、まさかのスカ。。。

やばい4連発。

更に精神ダメージ追加。

そこから反応なく、ジグ単フロートリグと交互に持ち変えながら探り歩くことおよそ3時間。

もう心は折れていますが、潮がだいぶ上げてきているので、これからこれからと自分に言い聞かせながら探り続けます。

上げ潮が当たらないところまで来たので、引き返してまた先端の方へ行こうかなと思いましたが、到着したところに反転流があったので、フロートリグを投げ込んでみる。

しかし無反応。

これで反応ないかーーー。

反転流から離れたところにジグ単を投げ入れてみると、コッコッと小さいアタリ。

久しぶりのアタリ。合わせると乗った。やっと。。。ホンマにやっと。。。

ちょっとスリムな19cm。

普段はリリースですが、今日はゴメン。キープさせて。。。

この1本が取れたことで、やり切った感が出まくり終了!

お疲れ様でした。

釣り人あるある

終了し車へ向かう。
すると港内が気になる。

ちょっとだけ探って帰ろと、ロッド1本とバケツだけ持って行きます。

漁協前に停泊しているボートの横を通すと、いきなりコッコッ グググーと向こう合わせで引き込んでいきます。

今日一の重みを感じてリーリングしようとした瞬間、まさかのバラシ。

向こう合わせだったので、ちゃんとフッキングしていなかったっぽい。

ここでも精神ダメージ追加。

今日はそういう日だ。もう終わろ。

でももう1投だけと決めてキャストすると、再度コッコッと反応。

しっかりフッキングして上がってきたのは、

マイクロちゃんでした。
おやすみなさいと漁港を後にしましたとさ。

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 510
リール:SHIMANO NASCI 1000s
ライン:PE0.2号
リーダー:フロロカーボン8lb

ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 68Ⅱ
リール:DAIWA 月下美人 MX2004H
ライン:PE0.3号
リーダー:フロロカーボン8lb

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。