激流ライトゲーム

激流ライトゲーム

プロトリブリブ

エリア:広島県島嶼部
ロッド:ファインセンサー/スカウトマスター evergreen
リール:セオリー1003/ルビアス2000 daiwa
ライン:アジングマスターvarivas/スモールゲームPE-HG SUNLINE
ワーム:リーブイ&リブリブ LIG design

先日モニター製品が届いたので早速実釣に行った

アジを釣りたいが情報も仕入れていない他、仕事終わりに行ったため空いている所に入って釣れる魚を釣るしかなく

しばらくドライブ
風もそれ程強くなく、無風でもない丁度いい感じ

と車を走らせていると、何度か行った事のあるポイントが空いていた
激流ポイントだが先行者がいない漁港の防波堤へ釣座を構えた

早速リーブイのアオイロホタルを投入

カウント5から様子を伺ってみる
一通りボトム付近まで探るが魚からの反応が無い…
激流ポイントだが下げ始めで潮が動かないからだと、ボトムをネチネチやってみると癒し系根魚のカサゴが食いつく
久しぶりに魚と繋がった感覚を少しの時間味わってから

さて本番

しかし怠い流れ…抵抗なくボトムまでリグが落ちて行く
下げの潮が出て子メバルは反応するようになったがいつもと違う流れの緩さだったが不規則に反転する強い流れが出た時に20UPのブルーがバイトしてきた
3匹連続で青赤赤とキープを上げた時、また潮が緩む
するとまた魚の反応が遠のく

ふむふむ

流れの変化が出た時以外はやる気スイッチが入らないのね

流れが緩んだら休憩
ワームをリブリブのプロトに付け替え
潮流変化を待ちながらキャスト

カウント20まで送っていると手元に変化を感じる
ここだと思いスローリトリーブすると
ガッツんバイト
トルクフルな引き
デカイ!と心弾ませ寄せてみると

そうでもない
23cm

長さはないが激流泳いでますって感じの体高あるマッチョなボディのブルー
納得サイズ

この流れのタイミングでポツポツ追加して納竿
潮流変化を逃すと魚を逃す、時合も短く気の抜けないセンシティブデイだった…

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。