激流メバリング2

激流メバリング2

朝マズメのブルーバック!

エリア:徳島北
ワーム:リグデザイン リブリブ

朝マズメに鳴門の激流でメバリング。
マズメの時間帯で一瞬の間だけ回遊してくるブルーバックを狙う。

地合いが短く、ワームを交換する時間も惜しいため、
開始から終了まで実績のあるワーム1つだけで終わらせてしまうことが多い。
そのような状況の中、今回はリグデザインのリブリブ(おしゃれラメピンクとロックブラック)をバス用の1.8gのジグヘッドに装着してそれぞれ1個づつ用意して挑む。

まずはおしゃれラメピンクでスタート。
いきなり一投目からパワフルな引きの大物がヒット。
この釣り場では、激流+根の条件のため、リールのドラグは出さないタックルバランス(20cm後半のメバルで僅かに出る程度)がベストと考えるが、ツッコミの度ドラグが結構出てしまい、
魚を寄せてくる前にスナップが開いてしまいブレイク。残念。

モタモタしていると地合いが終わるので、今度はロックブラックで再開。
先ほどの大物にはほど遠いが、20cm以下はリリースしつつ、22,23cmのまずまずのブルーバックが順調に釣れて、
地合い終了とともにゲームセット。

今回、リグデザイン リブリブを使ってみて、
これまで自分が使用してきた一軍ワームと変わらず釣れる印象。
素材も十分に柔らかく、メバルの当たりにも全く抵抗がないようで、
耐久性とのバランスもいい感じ。
今回は魚の活性が高いため、色による反応の違いまでは判断ができない状況だったので、
渋い状況下で色による反応の違いも確認してみたいところ。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。