新年初フィッシュ

新年初フィッシュ

釣行日の基本データ

場所:神明エリア
釣行日:2021年1月6日 18:00~02:45
潮汐:上記(明石)
水温:13℃(釣り場情報データベースより)
天気:晴れ
気温:7℃→3.4℃
風:西北西~西 5m~8m

新年あけましておめでとうございます。

強風予報で厳しいとわかっていましたが、魚の顔が見れたらいいなといくつかの漁港をランガンしてきました。

一つ目の漁港

神明間では割と大きな漁港。

到着時にはすでに日没を過ぎており、海の状況が分かりません。

ただ、神明間のこの時期の漁港は、海苔漁のため、港内が海苔に覆われて釣りにならないことがありますので注意が必要です。

そのため、主なポイントは波止の外側になるのですが、本日は強風に伴い、外側は釣りにならず、港内のできるだけ潮通しのいいところでやっていきます。

本日もやはり、時折ジグヘッドに海苔が絡まってくることがあったので、やはり海苔漁が盛んにおこなわれているのでしょう。

本日はメバル狙いなので、ジグヘッドはTWO by TWO スライドヘッド1.5gから始めていきます。

ワームはジャッカル ペケリング2inch プリズムライムで探っていきます。

PEラインからフロロカーボンラインに巻き替えたとはいえ、これだけの風速になってくると、ラインが風に煽られます。

海面を泡が堤防に沿って流されていくので、際をトレースしていくと、上記の写真。

18cmの個体で、産卵は終わっているのか腹はぺったんこでした。

同じような感じで波止を移動しながら撃っていくと、

癒しのがっちゃん。

この子も腹はぺったんこでした。

その次もがっちゃん・ちびっこがっちゃん・マイクロメバルと納得のキープサイズには出会えません。

同じ漁港の常夜灯周りに移動して今度はフロートリグ5g + デコイ ミニドライブ0.9g +エコギア メバル職人
メバダート UVシルエット ブルーFlk.にて

抱卵しているのかな?

たくさん産んでね。

その後は続かず移動。

釣果がないまま4か所目の漁港ではPEラインのジグ単で、

似たようなサイズを3匹。

どれも20cmに満たない個体でした。

結局数としてはツ抜けたものの、サイズが伸びない新年初釣行となりましたが、魚の顔を見るという当初の目標は達成できたのでよかったです。

今回の釣行では、お腹が膨らんでいる個体は1匹だけでした。

神明ではそろそろ産卵も終わってアフターの時期のようですね。

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 68Ⅱ
リール:DAIWA LUVIAS 2003H
ライン:Seagur R18 ライトロック フロロカーボンライン 2.5Lb

ロッド:DAIWA 月下美人 76L-T
リール:DAIWA 月下美人 MX2004H
ライン:RAPARA RARINOVA-X MULTI-GAME PE0.4号
リーダー:フロロカーボン4lb

ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 510
リール:SHIMANO NASCI 1000s
ライン:DUEL ArmoredF アジ・メバル PE0.2号
リーダー:フロロカーボン4lb

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。