コノシロパターン(2020.12.2)

コノシロパターン(2020.12.2)

コノシロの大きな群れ

久しぶりに地元に戻ってきて、河口近くの堤防にアジングに行った時の事。

日が暮れた後、河口の辺り一面でボイル

常夜灯の近くでも単発ボイル

追われているベイトは何か?正体を突き止めるべく、アジングルアーを使っていく。

コツコツ当たるも乗らない。

やっと乗った!

上がってきたのはいいサイズのコノシロだった

コノシロパターンが始まっている!急げ!

いざ、河口へ!

まずは表層!ウェイクベイトを投入

模索するべく次にはフローティングミノー……シンキングミノー……シンキングペンシル……

ゴツゴツとコノシロの群れに当たり、コノシロが毎投引っかかって釣れるほど!

シーバスの姿を見ることは出来なかった……

ボウズ連発……

あれから10日ほどこのポイントに通っていた……

釣れたのは引っかかったコノシロ、回遊しているカマスのみ。

12月に入ってから、大きなボイルが起きることは無くなっていた。

ホントにこのポイントにシーバスは入っているのか?
ルアーのチョイスが間違っているのか?
リトリーブの速度はどうか?
アクションを入れた方がいいのか?

正解は何なのか?模索が続いていた。

そしてついに!!!

大潮の満潮からの下げ22時頃……

コノシロが当たらない表層近くを狙い、フローティングミノーをキャスト

少し早めにリトリーブしていく……

コツっ!

またコノシロかな?

ドン! ジジジー!

きたーーー!

初めてのランカーを取った時と同様、エギングロッド86M

足場の高さを使って、手前のかけ上がりに注意しつつ、慎重に寄せてくる……

ド派手なエラ洗い!

中々、弱らない強い引き!

メーター越えか?!

無事、ランディング〜

夏と違い、大きなベイトを沢山食べているシーバスは引きが強かったです!
計測すると……93cm!
前回を1cm上回る自己ベスト!

今までのボウズを忘れることができた釣果でした!

タックル紹介〜
(ロッド)エギングロッド86M
(リール)レガリスLT3000CXH
(ライン)PE1号
(ルアー)タカミヤオリジナルルアー
フローティングミノー125F

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。