アジング

アジング

リーブイの耐久性

エリア:江田島
ロッド:スカウトマスター evergreen
リール:ルビアス2000 daiwa
ライン:スモールゲームPE-HG SUNLINE
ワーム:リーブイ LIG design

昨夜は長潮だったため
変化の出やすい波止の先端を選択した
が、流れはやはり緩い

いつもこんな時は中層を捨てる
リグを流す事もしない
ボトムオンリーで攻めている

スプリットシンカー1.5gに0.5g
様子を見るため3インチのワームでアピールすると
早々に小さなバイトがあった
が、ヒットに持ち込めず

ロングワームを吸込みきれてない様子

すぐに1.8インチのリーブイをセットしキャスト
ボトムを取りトゥイッチとリーリング、その後テンションフォールで出来るだけ長く見せると
コツッ

ほぼこれが昨夜のパターンだった

時合と呼べる感じはなくポツポツと拾って行く感じではあったがなんとかつ抜け、しかも尺絡みも
足場が高く、抜き上げの時に3回フックアウトしたが充分な釣果が出た

そして驚いたことに2匹釣った後に1本は根掛かりでロストしたものの残りの11匹はワームを交換する事なくリーブイ1本で全て釣ったこと、なんともコスパの良いワームでしょう

耐久性は言う事なしである

裂けたらクルッと半回転させて使っても問題なく釣れたw
※手持ちが尽きそうな為仕方なく

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。