神明間で豆アジングに夢中

神明間で豆アジングに夢中

釣行日の基本データ

場所:神明間
釣行日:2020年8月19日 20:30~1:30
潮汐:大潮 満潮 21:44 干潮 翌1:21(神戸垂水)
水温:28℃(釣り場情報データベースより)
風:北風ややあり

行こうか悩んだ末に

連日暑いですね。。。
釣りに行く気にもならないです。

お盆の間も、いつでも釣りに行けるように準備はしていましたが、22時頃でも道路の電光掲示板が30℃以上だと、夕涼みにもならないので、結局釣りに行くことはありませんでした。

この日は、天気予報で「今日だけは少し秋を感じられるかも」とのことで、一念発起し、17時頃に出発しようと準備をしていました。
それでもなかなか行く気になれず、出発したのは19時を回っていました・・・。

現地は嫌な風

数か所見て回り、潮が当たるポイントで釣り開始。

風が気になるのでTWO by TWO スライドヘッド1.5g + エコギア パワーシラス2inch ブラックFlk.で、投げる方向を変えながら表層からボトムまで探るが、反応なし。

ワームをレイン チビアジアダー 瀬戸内ちりめんに変更すると表層すぐ下でトンというアタリ。
コンではなく、トンとした、あまり経験したことのないアタリ。

同じコースとレンジを通すと、15cmほどの豆アジ。

写真を撮らずに同じコースとレンジを通すと同サイズの豆アジ。
ただ、水汲みバケツに入れる時に、ポロリでさようなら。

サイズがサイズなので、ジグヘッドをTWO by TWO 漁港ヘッド0.7gに変更。
ワームはそのままでキャストするが、風を受け、何をやっているのかわからず。

0.55gのガン玉でスプリットショットにし探るが、群れは抜けてしまったよう。

徒歩で移動

風表にキャストできるところへ移動。

リグはそのまま。

向かい風+当て潮で2回アクション入れると足元に来る。
そんな中、抑え込むような強いアタリがあるが掛けられず。

2~3秒後に今度はコッとしたアタリで豆アジ。

絶対さっきのはでかかったと、気合が入る。

数投後、同じように抑え込むアタリがあり、今度はきっちりと掛かる。

ヨシ!と巻くが、引きが弱い。

結局上がってきたのは豆アジでした。

ワームをエコギア アジマスト1.6inch や、レイン チビキャロスワンプでも探るが、全くアタリなし。
今日は、ショートワームに反応するようでした。

それでもアタリはそれなりにありましたが、掛けられない・ポロリが多く、最終的にサイズは11cm~15cmまで7匹と数は取れませんでした。

久しぶりの豆アジング、難しかったですが、楽しめましたが、、、

修行が足りません。。。

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 68Ⅱ
リール:DAIWA 月下美人 MX2004H
ライン:PE0.2号
リーダー:フロロカーボン4lb

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。