淡路島で五目ライトゲーム

淡路島で五目ライトゲーム

釣行日の基本データ

場所:淡路島東浦エリア
釣行日:2020年8月3日 19:00~23:30
潮汐:大潮 干潮13:30 満潮 22:15 (淡路島岩屋)
水温:26℃(釣り場情報データベースより)
風:強風

現地は強風。でもメバルを釣りたい

天気予報では、風速3mとなっていたが実際はそんなことなく・・・
いつでも自由に釣りに行けるわけでもないのでやっていきます。

それに前に岩屋で釣ったメバル、腹を出すと内臓脂肪たっぷり、肝はフォアグラのように真っ白になっていて、背びれ周りは、ヒラメのエンガワのように脂が乗っており、それは素晴らしい個体でした。
8月にまだメバルが釣れるかどうかわかりませんが、このポイントなら・・・と淡い期待です。

実際、梅雨が明けてからもメバルが釣れたとの情報も目にしていましたし・・・

風が強いので、探れるエリアが限定されてしまう状況。
まだ明るいので、TWO by TWO スライドヘッド1.5g + レイン アジリンガー 必殺イワシで、中層からやや下を丁寧に探っていく。
ちょんちょんダートから長めにスイミング、ちょんちょんダートから長めにスイミングというリズムを意識していると

24cm

ここから連発です。

カマスが・・・

ポイント一帯、カマスがベイトを追いかけ回しています。

ということで、表層早巻で狙っていきます。

ワームではカマスが食べるのが下手くそすぎて、掛けてもポロリが連発。
メタルジグを車に置いてきたのが、痛い。

時折ストップを織り交ぜながら数匹釣ったところで、リーダーを切られる。

仕掛けを作り直している間にカマスの時合終了。

その後はカマス以外の魚からもコンタクトがなくなったので、敢えて風向かいのテトラ帯に移動。

ほぼ正面から風を受けられるのでなんとかなる。

本当は2gか2.5gのジグヘッドを使いたいところだが、持っていなかったので、1.5gでやり続けます。

エコギア メバル職人パワーシラス2inch 生シラス ブラックFlk.をゆっくりと沖からテトラに流されてきたように演出すると、

ちょっと小ぶりですが、狙い通りにいくと嬉しいですよね~。

同じパターンで、

アジがいるなら、潮目を狙って、

あれ?

満月と一緒にパシャリ。

風がますます強くなり、正面にも投げられない状況になってきたので、最初のポイントに戻ります。

いい潮目ができており、投げ込むと、

再度、満月と。

これ以上の反応はなくストップフィッシング。

最近エコギアのパワーシラスがお気に入りです。

営業妨害かもしれませんが、、、
アジマストよりもワームのもちがいいんです。
パッケージの数も一緒なので、コスパ良し。

~タックルデータ~
ロッド:YAMAGA Blanks Blue Current 68Ⅱ
DAIWA 月下美人 76L-T
リール:DAIWA LUVIAS 2003H
DAIWA 月下美人 MX2004H
ライン:PE0.2号
リーダー:フロロカーボン8lb

悲しいですが・・・

防波堤の先端にはゴミが散乱していました。

ジェット天秤や、ブラクリ仕掛けも含まれていたことから、ルアーマンではないと思いますが。。。

片付けると、大きいレジ袋2袋分もありました。

ルアログの読者諸兄には釣り場を汚すような人はいないと思いますが、こんなひどい人もいるもんだと報告でした~

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。